« うれしい連夜の襲撃 | トップページ | 今度から師匠と呼ばなきゃウイリーはん »

2009年8月23日 (日)

大学OB祭と大学対抗歌合戦

Sany0004福大フォークソング愛好会

120名を超えるメンバーが集合

盛大にOB会が開催です。

サムタイムとSJのメンバーは

大御所の特別シルバー席へ

Sany0017動画も撮りましたよ。

後日報告しますね。

先輩達ってとっっっても

偉いんだって痛感しました。

幹事様お疲れ様です。

Sany0010

なつかしい写真の上映

今だから話せる秘話も。

若手の皆さんの演奏は

プロとプロ級がズラリと

見ごたえ聴きごたえ満載の

1_008豪華なステージでした。

勉ちゃんとこでお昼して

最終最後のリハーサルやって

万全の体制で挑みました。

よってこんなに笑顔の

1_005達成感の打ち上げ会です。

アンコールでもう一度

ステージの再現して

大大大満足の面々です。

テント張って合宿して

1_007最高の夏の思い出です。

練習の成果と培った人間関係

最強のパワーが発生します。

先輩代表として、重大な

役割を果たしました。ホッ!

1_006もう一組のお客様は

コーラスどんぐり九州大学

やはりフォーク世代の

歌好きなグループです。

なかよし度合いはいい勝負。

1_002青春を共にしたあの日と

今も同じ気持ちで酒を交わし

思い出の分だけ

あの頃の歌が飛び出します。

学生街の喫茶店の風景です。

|

« うれしい連夜の襲撃 | トップページ | 今度から師匠と呼ばなきゃウイリーはん »

 1.金太郎のタワゴト」カテゴリの記事

コメント

福大フォークソング愛好会の
4年に一度のOB会がゲイツ7でありました。
学籍番号70年代中期より以降が中心で
先輩代表でたかおさんたちが招待されました。
もっと上の大先輩の皆さんも
次回は参加要請があるみたいですよ。

投稿: 金太郎 | 2009年8月24日 (月) 21時11分

以前、ちらっと、聞いたような。どこで、何があったとかいな。

投稿: えい。 | 2009年8月24日 (月) 20時31分

先輩から後輩へ
歴史は確実に伝わっております。
博多の音楽シーンへの影響は
現在も色濃く残っております。
西南、九産大、第一経済
福教大、芸工大、福工大
各種短大、それぞれのサークルに
無数の特徴あるバンドが在籍し
今日に至っているんですね。
ドーム貸切で福岡県大学対抗「音楽の祭典」
企画しませんか?

投稿: 金太郎@臨時休業 | 2009年8月23日 (日) 23時03分

いやぁ~っ…!!
すごかですねぇ~!
この面子、歴史を感じますねぇ!
このサークルの存在が、
音楽シーンに与えた影響はすごいです。
一度、系図をどなたかが整理していただけると、その実態の全容がわかると思います。

参考
http://blog.livedoor.jp/teruchan7777/

投稿: fiddle | 2009年8月23日 (日) 20時25分

本日、23日は
ウイリーさんライブ観戦の為
臨時休業いたします。
ご迷惑をおかけいたします。
よろしくお願いいたします。

投稿: 金太郎@臨時休業 | 2009年8月23日 (日) 11時58分

マネージャーとして
どっちかというと
ボーヤかな
本音は保護者。
ステキな一日を満喫いたしました。
金太郎文化祭でのご活躍にも
期待しております。
よろしくお願いいたします。

投稿: 金太郎 | 2009年8月23日 (日) 11時17分

昨日はお昼から夜中まですっかりお世話になり ありがとうございました。本番ではアナログ世代の我々に世の現実を実感する事態もおきましたがこれも愛嬌 次回に生かされる事でしょう。顔も知らない我らに素晴らしい気配りで迎えてくれた後輩達には頭が下がります。中国のことわざに 井戸の水を飲むときは井戸を掘った人の事を忘れない と 
まさに後輩達にはその姿勢がありました。
我々もクラブを作ってこられた先輩達への
感謝は忘れないように努めたいと思います。
また我々の本番での演奏にまで至るいろいろのサポートをしていただいた金太郎金太子様には感謝の言葉しか有りません。みんなを代表して重ねてお礼申しあげます。

投稿: 小雁 | 2009年8月23日 (日) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1206296/31064673

この記事へのトラックバック一覧です: 大学OB祭と大学対抗歌合戦:

« うれしい連夜の襲撃 | トップページ | 今度から師匠と呼ばなきゃウイリーはん »